葬儀の香典料について

葬儀に包む香典料の相場

葬儀の際に包む香典料の相場とは

葬儀の際に包む香典料は、故人との立場や年齢によって決まります。故人が実親や義親、兄弟姉妹であれば5万円~10万円、祖父母や叔父・叔母であれば3万円~5万円、従姉妹・甥や姪であれば1万円~3万円が相場です。年齢30歳代の人であれば、最大で5万円、50~60歳代の人であれば最大10万円が目安です。故人が直属の上司や仲人など、特にお世話になった人であれば1万円、その他の人であれば5,000円が相場です。実際に葬儀を執り行う側は弔問客1人あたり5,000円として計算し、香典返しとして1人あたり2,000円~3,000円程度の品物を用意するケースが多いです。

知っておきたい香典料の相場

葬儀に不可欠な香典の相場は、送り手の年代によってもちろん違ってきますが、今回は一般的なものをあげます。まず親族の場合ですが、祖父母であれば1万~3万円、実親・義親は5万~10万円、兄弟、姉妹は5万円、その他の親族は3,000~2万円あたりです。会社関係の場合は、5,000~1万円が相場となります。友人、知人の場合も同様に5,000~1万円です。葬儀の香典では、1人だけ多く包んでいたり、逆に少なく包んでいたり、というものも気まずくなってしまうため、事前に可能な限り連絡を取り合って包むことが大切です。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 葬儀の際の香典袋の書き方 All rights reserved