葬儀の準備について

葬儀の準備はお早めに

葬儀前に慌てないために

葬儀前に慌てないためには、あらかじめ計画を立てておくことが必要です。亡くなる前からそんな話をするなんて不謹慎と思われるかもしれませんが、故人になってからどのような告別式にしてほしいかを尋ねても答えてくれません。具体的に決めることができるのであればそれに越したことはありませんが、せめてどんな葬式にしたいかや懇意にしているお寺があるのかだけでも尋ねておくと、会場のイメージなどをスムーズに葬儀屋に伝えることができます。元気な時に家族でそういうことを事前に話し合っておくことが、慌てないための第一歩です。

時代の変化に対する葬儀事情

一昔前までの葬儀といえば、家族をはじめとする親族や親しかった友人、会社や取引先など関係があった人など、たくさんの人で故人を弔うものでした。しかし、最近では人付き合いの希薄化や家族形態の変化、経済の不況など様々な影響によって、葬儀を取り巻く事情も少しずつ変化してきています。たとえば、家族や親族だけて行う家族葬や、通夜や告別式さえも行わない直葬などが挙げられ、今後もこの傾向は増加すると予測されています。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 葬儀の際の香典袋の書き方 All rights reserved