葬儀の後の香典返し

葬儀における香典返しとは

知っておきたい葬儀での香典返し

香典返しとは、故人に関する一切の仏事が滞りなく済んだという報告とお礼で、挨拶状を添えて品物を贈ることであり、品物そのもののことです。一般的に四十九日の忌明け(喪の期間が終わること)が済んだ後にお送りします。この場合、いただいた金額の半分から3分の1くらいが目安です。この他に、葬儀の当日に行う「当日返し」があります。これは葬儀の受付で香典をいただいた方に対して、その場で品物をお渡しすることです。この場合、いただいた金額に関係なく全ての方に対して同じものをお渡しします。1,000円から3,000円が目安です。品物としては緑茶や紅茶、海苔などの食品の他に、タオルセットや石鹸、洗剤などの実用品や消耗品が良いようです。

香典返しの金額とマナー

香典返しとは葬儀で香典料を包んで頂いた方に返礼品として品物を送るもので、贈り物の値段の相場は頂いた金額の半額が基本です。一般的には葬儀を終えて喪が明けてから返礼品を送るのがマナーですが、最近は通夜や告別式の際に渡すケースが増えています。当日にお返しを渡す場合には一般弔問客に包んでいただく平均的な金額を5,000円として計算し、2,000円~3,000円程度の品物を送る場合がほとんどです。返礼品の中身ですが、「不祝儀をいつまでも残さない」という考え方により、食品や洗剤・石鹸など消費して無くなってしまうものを送るのがマナーです。但し、肉や魚など殺生を連想するような品物は控えるべきで、お茶・海苔・お菓子などが無難です。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 葬儀の際の香典袋の書き方 All rights reserved