葬儀で注意香典と供物

葬儀における香典と供物

葬儀の香典で包む金額

供物は通夜・葬儀、法要などで、故人や仏様への感謝と遺族への弔意の気持ちを表すために贈りますが、宗教ごとの規律や考え方に合った品物を選ぶことや、贈る際のマナーを把握したうえで行うことが大事です。基本的には故人と親しかった人や勤務先、親族や近親者が贈ります。葬儀に参列する際に持参する香典の金額に悩む人もいるでしょう。金額は、血のつながりの濃いほど高額になり、親は10万円、兄弟は5万円、その他の親族は1万円が一般的です。会社の同僚や隣人、友人などは3,000円〜5,000円が多いようです。香典で注意したいことは、新札の使用や4と9、偶数の金額を避けることです。新札しかない場合は、折り目を付けてから袋に入れるようにしましょう。

葬儀の際の香典と供物のマナー

たいていの場合に葬儀の連絡などは、突然来るので慌ててしまいます。いざという時に慌てないためには、日頃からお通夜やお葬式のマナーを理解しておいた方が安心です。基本的に香典と供物は同じ認識で問題はありません。香典を包めば、葬儀の際に別に何も他に用意する必要はありません。供物を用意する際には特別な決まりはありませんが、祭壇に飾られたりするので日持ちする物を選ぶ必要があります。宗教によって違いはありますが、仏式の場合には線香やろうそくを用意する場合が多いようです。地域により送るものが決まっている場合もありますから、喪家の人に相談してみた方が安心です。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 葬儀の際の香典袋の書き方 All rights reserved