葬儀の香典袋について

葬儀の際の香典袋の書き方

葬儀の時の香典袋のマナー

葬儀の際の香典は、故人に対する供養の気持ちを表すもので、故人の冥福を祈り供養するために花や線香のかわりに捧げるものです。香典袋の表書きは、御霊前は宗教を問わず使えます。表書きが印刷されている物を使っても失礼にはあたりません。袋は黒白または双銀の結び切りまたはあわじ結びの水引で、蓮の花の絵がついているものは仏教専用です。キリスト教の場合は御花料(プロテスタント)、御ミサ料(カトリック)等です。袋の下の段、氏名の書き方は楷書でフルネームで書きます。夫婦とも故人にお世話になって場合等は中央に夫の名を左に妻の名を添えてかきます。連名で出す場合には中央に2人、3人なら中心に一人の名、その左右に一名ずつ書きます。葬儀に際しての悲しみの心をあらわす薄墨を用いて書きます。

香典の基本的な上書き方法

突然知ることの多い訃報。葬儀の日がわずか数日後ということも多々あります。慌てず対処できるよう普段から基礎的な知識を身に着けておきましょう。今回は香典袋の書き方の基本です。慶弔問わず上半分には贈る趣旨を表す言葉を書き、下半分は送り主の名前を書きます。弔事の際は黒墨ではなく薄墨を使います。最近では百円均一でも薄墨ペンは購入できます。上半分に書く文言は葬儀のスタイルによって異なります。仏式ならば御仏前、御香典など。神式は御神前、御玉串料など。またキリスト教式は御花料など様々です。もしもご遺族に確認できないのであれば、御霊前と書きましょう。これはどのスタイルでも使用できる文言です。誰しもが必ず経験することです。失礼のないように意識を高く持っておきましょう。

↑PAGE TOP

Copyright © 葬儀の際の香典袋の書き方 All rights reserved